• 活用方法
  • その他
  • Windows10でのドライバインストール手順
Windows10でのドライバインストール手順2022-04-26 08:34:40 748

ペンタブレットなどの特殊なパソコン周辺機器をつなぐ場合、パソコンにデバイスを制御するための「ドライバソフト」をインストールする必要があります。


Q.ドライバソフトで何ができる?

・ペンやペンタブレット本体についているボタンへの割り当て

・筆圧の検知の強弱

・操作エリアの範囲設定

など


基本的なペンタブレットの設定変更や制御を行うためのツール。

原則インストールしていただく事を推奨しています。



Q.ドライバソフトをインストールしなくても使える?

Windowsの標準ペン制御(WindowsInk)に対応しているソフトウェアやMicrosoft製品(Officeなど)であればドライバソフトをインストールせずとも動作する場合が多いです。

ただし、ペンのサイドボタンや、ペンタブレット本体のエクスプレスキーの設定変更、作業エリアなどのハードウェア調整他様々な設定を行うためにはドライバソフトをインストールする必要があります。


また、筆圧などが反映されるソフトウェア上では制御が上手くできず、安定して動作できない可能性があります。ペイントソフトなどでの使用時には必ずドライバソフトをインストールしてください。

今回はペンタブレットを初めて使う方向けにWindows10でのXPPenドライバソフトのインストール手順を解説していきます。※2022.6.1時点


ダウンロード手順

※Windows10 Home(バージョン:21H2)を例に解説していきます。


はじめる前に

・他社製ペンタブレットのドライバや設定内容を完全にアンインストールしてください。

・ファイアウォールやウィルス対策ソフトを一時的に停止させてください。



1.XPPen公式サイト内のダウンロードページへアクセス

https://www.xp-pen.jp/download


2.一覧からご使用中の製品を選択



3.ソフトウェア&ドライバー内Windowsの項目からドライバソフトをダウンロード


※基本的には「XPPenWin_x.x.x.xxxxxx(New UI Driver)」の表記が最新のものになります。


同じWindows向けに別バージョンのドライバソフトが提供されている製品が一部ありますが

・「XPPenWin_x.x.x.xxxxxx(New UI Driver)」が安定しない

・古い型式の製品で「XPPenWin_x.x.x.xxxxxx(New UI Driver)」に対応していない

等の際にダウンロードしていただく為のものとなります。


インストール手順

ダウンロードが完了したら[スタートメニュー]→[ドキュメント]などからエクスプローラーを開き、[クイックアクセス]→[ダウンロード]でフォルダを開きます。

※任意の場所にダウンロードした場合は任意の場所を開いてください。


1.ダウンロードした圧縮ZIPフォルダを右クリックし[すべて展開(T)...]を選択


そのまま[展開]を選択し圧縮ZIPフォルダを展開してください。



2.再びダウンロードフォルダに戻ると同名の通常フォルダに展開されたインストールファイルが入っているのでこれを開いてインストールに進みます。

※圧縮ZIPフォルダ内は展開せずに閲覧できますが、インストール失敗の原因となる場合もあるので必ず展開してからインストール作業を行いましょう。



3.Windowsのユーザーアカウント制御の確認が表示されるので「はい」を選択し許可してください。



4.インストーラ―が起動したら利用規約の同意にチェックを入れ、インストールボタンを選択。



これでインストールが完了しました。PCを再起動してシステムへインストール内容を適用してください。




以上でドライバのインストールは完了です。あとはお好みのペイントソフトを起動してお絵描きを始めましょう!

以降はPC起動時にバックグラウンドで自動起動されるので、ペンタブレットの動作に特に問題がなければそのままお使いいただけます。使っていくうちにボタン割り当てを変えてみたくなったり、設定の必要がある場合には都度ドライバの設定画面から内容を変更してください。


実際のペンタブレットの使用については『活用方法|XP-PEN公式サイト (xppen.jp)にいくつか例をご用意しています。

その他ドライバソフトの各設定についてはダウンロードページ内のマニュアルを、サイドボタンやエクスプレスキーへの割り当てについては『ショートカットキーを登録して作業を効率化をご参照ください。


ただし特定のソフトウェアでペンの動作がおかしい場合には、ドライバソフトの[ペンの設定]内から[WindowsInk]のチェックボックスをOFFにする必要があります。



線がカクつく、途切れる、波打つ場合や、サイドボタンの挙動がおかしい場合などにはここの設定を確認してみてください。


また、ドライバソフトについては機能向上やOSの更新などに合わせてアップデートを行っています。定期的に最新版をダウンロードし、上記手順で更新を行いましょう

(ドライバソフトの更新作業時には何らかのトラブルで割り当て内容等が引き継げない場合もあるので、予め設定ファイルをエクスポートしておくことをおすすめします)